読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ飛行機は早く買うほど安いのでしょうか。新幹線は何日まえに買っ

なぜ飛行機は早く買うほど安いのでしょうか。新幹線は何日まえに買ってもほとんど値段は変わりません。たぶん。 他の同じような質問に対して、何ヶ月前からも予定を立ており安い値段で旅行したがるレジャー客を囲い込み、前日や当日は会社の金で乗るため価格はどうでも良いビジネスマンに売るという考えだそうですが、そうすることによって航空会社側はスケジュールを立てやすいと言います。 ただ、新幹線はずーっと前から予約しても値段はあんまり変わりません。それだからか出発直前に買う人も多いです。でもだからと言って、新幹線のスケジュールは結構綿密に立てられてると思ってます。臨時列車もかなり事細かく走る日が決められてて、長年の統計に基づいているのでしょうか、結構その読みは当たってると思います

東海道新幹線の場合、羽田ー伊丹のJALANA便くらいしか敵がいないから、スケジュールを事前の予約状況と照らし合わせなくても問題ないということなのでしょうか。

航空券は「早く買うほど安い」のではなく、さまざまな条件付き、制約のある航空券が安いのです。 そして、その条件の中に、2か月前、28日前、7日前、前日、などの制約も加わっているだけです。 また、こうした割引は「特定便割引」「特定日割引」と言い、略して特割。 前広に予定を立てられる余裕ある旅行者に、ビジネス客や帰省客などの予約が集中しがちな便を避けてもらう狙いがあり、そのため運賃は便ごとに決まってます。 同じ日のフライトでも、102便の特割運賃は高め、104便は安く設定、日によっては特割運賃の設定なし、という按配です。 ですから決して、早く買うほど安いとは言い切れないわけです。 飛行機に普通運賃で乗る人は少ないでしょう。 多くのビジネスマンや単身赴任者などはカード会員になっていて

、会員限定の割引運賃を利用していると思います。 普通運賃とカード会員限定の航空券は、乗り遅れても払い戻しあり、何度でも変更可能で、仮に便が欠航しても「裏書」(他社便手配)まで可能という至れり尽くせりなサービスになっています。 一方、特割運賃は、変更不可、乗り遅れたらペナルティ(払い戻し手数料)高め、悪天候等による欠航の場合は全額払い戻しのみであって、こうした場合に別便を予約すれば、その時点で利用可能な運賃適用(当日なら普通運賃のみ)という条件を飲んだことを前提に適用される運賃です。 また、運賃支払いもクレジットカードまたはコンビニ払い限定だったりして、空港窓口の混雑解消にも役立っているようです。 なお、多くの利用者が前広に旅程を組んで早めに予約する客が多い国際線の場

合は、出発間近に空席があれば、それを投げ売りする航空会社もあり、そのため場合によっては出発日直前が安かったりします。 いずれにせよ航空運賃は契約社会・階級社会が厳として成り立っている欧米の風習に則っている節があります。 空席が多いと経営的ダメージが大きいのは鉄道会社より航空会社の方であって、それこそ緻密な需要予測と、鉄道ではあまりない、便ごとの割引設定が当たり前になっているわけです。 それと特割運賃が発売される時点で、すでに各便に使用する機種も決まっているので(そもそも機材の定員も考慮して特割運賃が設定されている)これらの運賃が「航空会社側はスケジュールを立てやすい」というのはネット上にありがちなガセネタです。 新幹線の場合、JR東海ツアーズで帰る「ぷらっとこだ��

�」という割安商品もあるし、自由席なら「のぞみ」でも「ひかり」と同額であるとか、JRのどこの駅でも(もちろん無人駅は別ですが)新幹線の指定券が買えるので、飛行機の特割とは考え方が違ってくるのも当然だと思います。

「プラットフォーム」という言葉の意味 楽天市場やヤフーショッピングのようなサイトを「プラットフォーム」と呼ぶことはできますか? また、日本語で説明する場合「プラットフォーム」に代わる言葉があるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

文脈次第では「プラットフォーム」と呼べる場合もあると思います。 「プラットフォーム」を日本語にすると「基盤」や「環境」です。 「楽天市場のプラットフォーム」と言った場合、楽天市場が動作している具体的なサーバー、OS、ミドルウェア等を指します。 「ショッピングサイトのプラットフォーム」と言った場合、楽天市場もその1つに挙げられます。 前者は一般的な用法ですが、後者は誤解を招く用法だと思われます。